2006年 釣り日記(総まとめ)

11月3・4日
1日目
今日は久しぶりの遠征だ。場所は道東。2年前に一緒に釣りをした、
Iさんと某湖で待ち合わせる。
(今回はOさんは仕事にため一緒に釣りに行けないとの事だった。)
札幌を22頃出発し現地に2時30分ころ到着。待ち合わせが5時なので少し仮眠する。
5時過ぎに合流し、久しぶりの対面で話が弾む。準備を済ませ湖面に立ったが、
先行者がフライ3名ルアー1名いた。
まあ、場所が広いので気にせずルアーを打ちまくる。
気温が相当下がったらしく湖面は一面霧で幻想的だ。
ライズも多数あるが、ヒットはしない。結局8時位までで、先行者は帰っていき、
私達だけになってしまった。
その後1人ルアーマンが来たが、私達も見切りをつけて違う川へ行くことにした。
その川は猟師さんが漁をするとき、よくアメマスやイトウが入るらしく、まれに
メーターオーバーのアメマスも捕れる場所とのこと。
当然ロッドはちょっとだけ強いヤツに換え川へ立つ。
ルアーサイズはビックリの11センチ。『これが良いんだよ』と貸してもらった。
ルアーを投げ始めて1時間位たっても全然ヒットしない。当然追っても来ていない。
気温が相当下がってたぶん水温も結構下がっているとの事。
じゃ、底を狙おうと決め、ディープダイバーやスプーンで底を転がしても
ヒットしない。
気分を変える為休憩し、近くの釣具屋へよって話を聞いてから、
コンビニで食料を買う。
午後になって暖かくなったら釣れるかもねと話しながら、再度川へ降りた。
結局何も釣れずに初日は納竿とした。

2日目
目が覚めると7時を過ぎていて、朝寝坊してしまった。
でも気温が低いので朝一は出ないだろうと考え、
ゆっくり準備をし、コーヒーを落して飲んだ。
今日の川は数年前まで毎日のように通った川だ。
Iさんと9時30分頃待ち合わせをし釣り開始。
鮭がうるさいくらいに入っている。でも、そのイクラを狙って
アメマスやニジマスがついているはずなので、テッペンスプーンの朝日カラーを
使った。それが大正解。
3投目位で30センチのアメマスがヒット。
その後上流に向かい25・31センチと釣り上げた。
でも、大物が出ない。2日前は違う友人(Fさん)は50センチのニジマス、
60センチのアメマスを釣り上げたそうだ。
もしかして、私に魚運が無いのかも。Iさんは昼近くなり自宅へ戻ったが、
あきらめきれない私は黙々とロッドを振った。
数分後、『久しぶり~』との声が聞こえて後ろを見るとFさんだ。
昼休みなので様子を見に来たとの事だった。この方とは3年ぶりにお会いする。
やはり話は全然尽きない。とても短い時間しかお話&釣りが
出来なかったがお互い元気だったのを確認しただけで満足だった。
しかも帰り際に、『これあげるよ』と自作ルアーを2個頂いた。
(ありがとうございました)
結局13時になってしまいお互い納竿し、Fさんは仕事に戻り、
私はイトウフォーラムに出席するためにIさんとの待ち合わせ場所に向かった。
イトウフォーラムでは危機的状況が理解でき、
とても有意義な時間を過ごす事が出来た。
終了時間の18時を大きくすぎ、19時頃終了し
Iさんと固く握手を交わし帰路へついた。





10月22日
今日はNさんとクルセイダーさんと私の3人でT川上流へ行った。
クルセイダーさんは初めての場所だ。
足元にも50オーバーの魚がいるから気をつけてねと簡単なアドバイスをし、渓に降りた。
今回も前回同様減水している。水温は13℃。全然問題ない水温なので、
早速ルアーを打ちまくる。
しかし、魚は全然出てこない。どんどん下流へ下っていくと、
Nさんに待望のヒット。しかしバラしてしまう。
その後もNさんがアメマスを釣り上げる。しかし後が続かない。
いつもの折り返し地点まできたが、
水量が減水したままだったので、もう少し下流まで行ってみることになった。
岸沿いに倒木がありとても通れないので高巻きして迂回する。
ここは春に行った場所の対岸にあたる場所。
そこで、クルセイダーさんにヒット。25センチ位のブラウン。
ちょうど12時を過ぎたあたりだったので無理をせず
今度は釣りあがりで攻めてみることに。十分ポイントは休めてあるはず。
しかも水位がだんだん上がってきた。
期待に胸を躍らせルアーを打つ。途中の足元の倒木付近でNさんにヒット。
44センチの太いブラウンだ。
クルセイダーさんも50クラスをバラす。私も30センチ位をバラす。
結局最終のゴール地点まで釣りあがってしまった。
どうしても釣りたかったので、瀬を中心にアップで打つ。
3投位した時ルアーが止まった。
根掛りかと思いロッドをあおると、水中でブラウンが反転したが、
ルアーはすっぽ抜けてしまった。
サイズ的に40位はあったはずだ。サヨナラ逆転ホームランにはならなかったが、
満足して帰路についた。





9月10日
今日もNさんと2人で前回大物をバラしたT川上流の駐車場で待ち合わせた。
途中の頭首工の橋で着替えを行おうとズボンを脱いだ瞬間、
足に10匹以上の蚊やブヨが止まった。
手で払いのけながらタイツをはいたのだが、チクチクと刺されるのがわかる。
結局右足4か所左足4箇所刺されてしまった。
無事にウェーダーを履き終えたのだが、痒くて橋下流で
釣りどころじゃなくなってしまった。
仕方ないので、早めに待ち合わせ場所にむかい車の中で仮眠することにした。
6時間30分少し前にNさんが来て準備をし川へ降りた。
降りてみてびっくり。前回の半分以下の水量しかない。
どこまででもウェーディングが出来てしまう。
前回確認したポイントは全て消滅していた。じゃ何処に魚がいるんだろうか。
とりあえず深み・ボサ下・倒木付近をセオリー通りに狙ってみる。
魚が全く出てこない。途中いい感じの深みと倒木があるポイントに出た。
先端へは減水しているため倒木上を歩いて先まで行ける。
しかし着いたところに人の踏み後が。今日は日曜日なので前日の
土曜日に相当叩かれていると判断した。もしかすると今日は魚が出ないかも。
その後はダムが放水を始め、どんどん水位が上がってきて通常通りに
戻ったのだが、土砂降りと熊の恐怖と戦いながら、
ゴール地点まで釣り下り2人ともウグイ1匹しか釣れなかった。
今度はスタート地点まで釣り上がったが、そう簡単には出てきてくれるはずも無く
ゴールに来てしまった。
この時点でまだ13時過ぎ。結局雨は止まず魚も数匹だけ反応があっただけで
疲労がピークに達したので納竿とした。
車に戻ると、違う車が1台止まっていた。
悪いとしりつつ車を覗いてみるとルアーマンが一人川に降りたようだった。
それもロッドはTSS82ti。
このロッドであの川で魚を捕れるのか心配になったが、それよりも
一人で川へ降りていく勇気があったのが凄いと思った。





8月19日
今日はNさんと2人でどこに行こうか迷ったあげく、
前々日からの雨のためY川は相当濁っていると
判断し、6月24日に行ったT川上流の対岸に行くことになった。
しかし、そこは数日前Nさんが一人で釣行したとき、熊さんと会った場所だ。
とある橋で6時集合だったのだが、どうも興奮していて早く起きてしまったため
1時間以上も前に現地着してしまった。
そのため中流域の状況を見てみようと思い、頭首工下流を攻めてみることにした。
一投目で40センチクラスのブラウンが追ってきたが、
最後の最後で見切られてしまいUターン。
その後は出てくることは無かったが、雨で結構増水気味だったのと、
激シブのT川で魚のチェイスが確認出来たことでとっても嬉しかった。
その後、Nさんと合流し今回入渓場所まで向かった。早速準備にとりかかり、
とても綺麗な林道を降りていく。
途中川を確認すると、思ったほど増水してはおらず、しかも前回よりも
若干だが濁りが入っている。(といっても川底まで綺麗に見えるのだが)
林道の終点まで行き、そこからは川まで結構急な崖を降り川へ入った。
今日使用するロッドはTSS77tiなので、多少の魚だと取れる予定だったが、
中州までウェーディングし対岸へ7センチ赤金ミノーを投げて少し送り込んでやると、
いきなりロッドがバットから曲がってのされかかった。
『デカイ!』と思った瞬間ドラグは逆回転し、心臓はバクバク。
でもその一瞬でフックアウト。たぶん50は軽く超えていたと思う。
まぁ次があると思い2人で釣り下る。
Nさんが熊を見た場所まで来ると、後ろで『ドスン!』という音。
2人そろって青ざめた顔を見合わせた。
お互い恐怖がにじみ出ている。どちらとも無く爆竹を準備したり、
笛を吹いたり。当然手には熊除けスプレー。
でもその後は『ガサガサ』というのも無かったので、前日から降り続いている雨のせいで
地盤が緩んで岩でも落ちたんだろうと勝手に解釈し、そのまま釣り下った。
(実はその後も変な声を聞いたが、後から聞くと小熊の声だったそうだ)、
それからは集中力も途切れ途切れで釣り下り、途中からは流れが比較的おさまってくるので、
リップレスミノーやワームを使いながら対岸を攻めていく。
Nさんと私は40位のブラウンをバラし、ゴール地点まで来てしまった。
今度は釣りあがりでもう一度同じ場所を攻めたのだが、
なかなか魚は出てきてはくれず、朝一に入った場所まで来てしまい納竿となった。
崖を上り、少し高台になったところから川を覗き込むと、
50オーバーのブラウンがライズしていたので、
高台からルアーを投げてみたが食わすことは出来ずに本当の納竿とした。
是非9月に水温が下がったらもう一度行ってみたいと思った。
もちろん一人ではなく必ず友人と一緒に。





7月16日
今日は久しぶりにクルセイダーさんとの釣行だ。
場所は南空知方面の川。去年2回程行って50位のアメマスを確認できていた。
それに水がとても綺麗。水深を見誤るほどだ。
朝5時頃到着すると、前方をレンタカーが走っている。
その後ろをついていくと前回入渓した場所に駐車されてしまった為、
私たちはもう少し上流のゲート付近まで車で行き、そこから
上流にむけ入渓した。途中いい感じで深みがあるが、魚は全然出てこない。
我慢しながら行くと、やっと30センチ位のアメマスがヒット。
その後40センチ位のを数匹バラし川を横断した時事件?事故?は起きた。
深さを見誤り、しかも石の上のコケですべり転倒してしまい、右ひざを強打してしまった。
そこからは一気にテンションが下がってしまい、注意力は散漫し、集中力も切れてしまった。
結局私には全然釣れず、クルセイダーさんは3匹位釣り、車で下流まで移動。
着いてすぐのポイントで、40位のチェイスがあるがヒットには至らず。
そのまま先程入渓したポイントまで釣りあがったが全く釣れなかった。
クルセイダーさんと川を変えようという話になり、いろいろ見てまわったが
いい場所が見つからず、札幌へ戻る途中のシシャモの川へ移動した。
いつも入る場所から釣り下ったがここも全然釣れずストレスを感じながら車でまた大移動。
クルセイダーさんがいつも気になっている場所があるというので行ってみた。
そこはいい感じで深く瀬になって大きく蛇行している場所だ。
気温も上がっていたので、魚は瀬にいるだろうと判断し瀬の流心にスピナーを投げると
一発でヒット。久しぶりのニジマスの引きを楽しんでサイズを測ると20センチ位だった。
同じ場所で2人でしばしの爆釣を楽しんでいると、私のドラグが鳴った。
一人ニヤニヤしながら釣り上げると30センチのニジマスだった。その後しばらく楽しみ
また車で下流に移動・入渓を繰り返し結局、私は8匹
クルセイダーさんは10匹位を釣り上げ、シシャモの川をあとにした。
今度はその支流を私一人で攻めたが、30センチ位のウグイ・20センチ位の
ニジマスをヒットさせて、今回の遠征は終了した。





6月24日
今日はNさん、hiroさん、チライマンさんと私でいつも行くT川の相当上流への釣行だ。
事前にNさんが『なまらデカイのがいますよ』との事だったので、リール・ロッド・ラインと
全て大物仕様で挑んだ。(このために?ロッドを買ったのだ)
途中の林道に車を止めて歩くこと30分、
そこには札幌近郊とは思えないほどの綺麗な澄んだ川が流れていた。
早速二手に別れ、私とhiroさんはアップで、チライマンさんとNさんはダウンで
攻めることに。わたしチームはこつこつとアタリはあるものの全然ヒットしなく
チライマンさんチームはチライマンさんが50クラスをバラしたとの事。
その後合流し4人で攻めながらも誰一人釣り上げられなかった。
11時を過ぎた頃やっと私に30センチ位のブラウンがたて続きに
ヒットしたがその後が続かなかった。
もう少し上流へ移動すると、川が深くて渡れないところがあり、
斜面をのぼり川を覗くと60位のニジとブラウンが数匹悠々と泳いでいるのが確認できる。
ルアーを投げるも、着水と同時に数匹追ってくるがあっという間にUターン。
何度がそういう場面があったので、たぶんルアーを見切られていると思う。
結局ゴール地点まで釣りあがり帰りもルアーを投げながら釣り下ったがヒットせず。
チライマンさんが50オーバーを何度かバラシ、hiroさんも60位のをバラシ、
Nさんも50位をバラした。
今回の釣行で、とても素晴らしい川だというのを再確認した。
自分の足元で50位のがライズするなんて近郊河川では考えられないのだ。
次回は絶対に50オーバーをヒットさせたいと思う。
(後日、Nさんが熊の恐怖に怯えながら単独で2週連続で50オーバーを釣り上げたそうです。)





6月10日
先週のストレスを発散すべくMMC川へ向かった。
現地到着がまだ薄暗かったので、先行者の姿は見えない。早速準備に取り掛かり
川へ降りた。前日までの雨の影響か先週よりは少し増水気味だったが、
いい感じの深み・瀬が形成されており、俄然やる気が出てきた。
最初のポイントはいい感じの瀬になっており、しかも川の真上に枝が
はりめぐらされている場所だ。
当然アップではミノーを投げられないので、
ダウンで送り込みゆっくり引いてくるとヒット。
20センチ位の幅広の綺麗なヤマベだった。
その後、深みや瀬を流しても全然追ってこない。しばらく行くと落ち込みを発見。
ダウン・アップ等私の持ってる技術を駆使しても全然出てこない。
もしかすると、前日にだいぶ虐められている可能性があった。
その後チビブラウン・チビヤマべを数匹ばらして、ゴール地点の堰堤まで来てしまい終了した。





6月 4日
自宅近郊の川も雪代が納まっていたので、今日は初めての川に遠征することにした。
自宅を5時頃出発し、一路カジカの川へ向かった。
途中何か所かポイントらしき場所を見つけたが増水していて、しかも水が緑色だったので
雪代かなって思いながらも竿を振ったが、魚を確認できずに止め、
それでは、チライマンさんお勧めの日本海側の川に行こうと思い車を走らせた。
途中、鮭の捕獲調査が出来る川もチラッと見たが、河口位しか深みが無いような
感じだった。(もしかすると、じっくり見て回ると違うかも知れないが)
やっと日本海側の川に着き、林道に入ると結構山菜取りの人たちが入っていたので、
熊の心配がちょっと和らいだ。
最初に入ったポイントは、砂防ダム(7本位のスリット入り)の上下に入ったが、
ここでも増水(水は多いのだが、全体が浅く流れが速くて私には攻めきれなかった)
次に、上流の第2●●橋の少し上流にも砂防ダムがあるが、橋の上から魚道を見たら、
ものすごい増水だったので恐怖を感じ竿を出さずに終わった。
次に向かった川は以前から気になっていた新十津川付近の川だ。
中流付近に着き川を覗くと、●●川より増水してしかも流れが速い。
もしかすると上流に行ったら大丈夫だろうと思い林道を上がると、
対向車がロッドを積んで走って来た。
ってことはもっと上流は釣りになるかもと思いながら走ると、
だんだん道路がグチャグチャ。
私の車ではお腹をすってヤバイ雰囲気だったので上流を断念した。
結局先程覗いた中流でやったが、魚を確認することは出来なかった。


これらの3河川とも水は綺麗なのだが、大増水していて10グラム位のスプーンを
アップで投げても底に届く前に流され、しかも1500番のリールだと
巻き取りスピードが間に合わなかった。
事前に水位を調べておくべきだったと反省している。
また日本海側は雪代が納まるのが札幌近郊と
比べると少し遅いというのも確認できた。


ここで約13時過ぎだったので、自宅近郊のMMC川へ大移動し、
チビヤマベとチビブラウンを5匹バラして納竿した。


総移動距離350キロだった(涙)





4月12日
今日は平日だが仕事が忙しく代休が貯まっていたので、午前中は子供を病院へ
連れて行き、午後から前回バラした場所へ1人リベンジに向かった。
今日は14時~16時位までしか時間が無く、急いで準備をし川へ降りた。
今回はリーダーをきちんと結んだからデカイの来いってブツブツ言いながら
ルアーを投げるも一向にアタリが来ない。それでも集中力を切らさないように
黙々と投げていたのだが無情にも時間だけが刻一刻と過ぎて行く。
タイムアップまであと10分と言う所に来てポツポツとライズが始まった。
絶対捕ってやるという執念でルアーを投げるも一向に反応しない。
結局終了時間を30分もすぎて終了した。帰りはもちろん高速を飛ばして
なんとか予定の帰宅時間までに間に合った。





4月 2日
今日も午後から時間が空いたので1人でいつものT川へ行った。
今回は新しいポイントを探そうと思い下流を見てまわった。現場に14時頃
着いて車で下流からずーっと見てまわったのだが、どこもかしこも工事が
入ったようで、河畔林が全く無くしかも川と言うよりも水路と言った方が
良いような感じにいじくられていた。それでも少しは深みや流れ込みが
あるので、ポイントを拾い釣りをしながら釣り上がった。
支流との合流は雪代も入って無く深みがあって良い感じだったのだが
長靴しか持って無くウェーディング出来ずに岸からルアーを投げたが
釣れる気がしなくすぐに場所移動。次に排水が流れ出している所も
深みがあったがここもダメ。最後に排水機場の流れだしをやってみる事にした。
ポイントは大物が出そうな雰囲気で一発で気に入ってしまった。
ここで出なかったら大人しく帰ろうって思いながら、ナチュラルカラーの
ミノーから順番に流したのだが反応がなく、赤金・黒金も全く反応が無い。
2月にHiroさんがチャートで釣ったのを思い出し、シュガーディープ
チャート7センチをアップクロスにキャスト。流れにのせてポイントまで流した後
ターンさせてトゥイッチを入れた瞬間、ガツンとあたりドラグが逆転したのだ。
っと同時に合せをいれて、粘った瞬間リーダーとラインの結び目から切れて
しまった。逃がした魚は何だったんだろう。食った瞬間にもの凄い
勢いで走ったから、サ●ラではなさそうだし、もしかしたらスチールか
シートラかと思いながらメインライン直結でルアーを投げるも
先ほどのお魚は食っては来なく、結局そのままタイムアウトになってしまった。





3月26日
今日は午後から時間が空いたので1人でいつものT川へ行った。
前回の釣行でいつもの場所は浅くなっているのを確認したので、
今回はもう少し上流をやってみた。とある情報から同じ場所で
スチールが上がったと連絡が入ったのだ。14時現場着すると
ちらほらルアーやフライマンが確認できる。途中のルアーマンに聞いてみると
全く追いやライズもないとのこと。しかしめげずに準備をして
川へ降りる。排水廻り・橋脚廻り・支流合流・水草廻りと
考えられる所すべてルアーを流したが全く反応がない。
結局17時頃まで粘ったが追いやライズも確認出来ないまま帰路についた。





2月25日
今日はHiroさんと私と2人で私が行った事のない川の釣行だ。
事前にMOMMY氏に情報を頂き入渓地点を決め、札幌を6時30分出発した。
しかし途中の道路で標識を見落としてしまい約20km位を引き返した。
そんなアクシデントがありながらも何とか10時前に現地に到着。
川を覗いてみるといい感じで流れており、ちょうど私の好きな川に似ている。
準備を早々に済ませ川へ降りる。早速橋の橋脚周りを攻めてみるも
魚の気配が無い。それではと2人でルアーを打ちながら釣り上がる。
途中沢山のポイントらしき場所があるも全て魚を確認出来なかった。
そろそろ最終目的地付近に差し掛かった時、上流に人陰を発見。
先行者がいたのだ。それでも釣り上がってその先行者の側まで来ると、
向こうから話し掛けてきてくれた。少し話をすると何と今回情報を
くれたMOMMYさんの友人で『謎の関西人H』さんとの事。
この方はこの時期は誰にも負けないくらい魚を釣る方らしい。
この時期に何処に魚は溜るのか、どんなルアーが良いのか。など
いろいろ事細かに教えて頂いた。しかも『札幌から来たのなら1匹は釣って
帰ってね』と言ってポイントまで譲って頂いた。本当にありがとうございました。
そこまでしてもらって釣らない訳にはいかないと2人で気合いを入れて
みたものの全く反応がない。唯一Hさんが40位のアメマスをバラしたのみ。
そろそろタイムアップの14時をまわった頃Hiroさんに待望のヒット。
良い感じでロッドが曲っている。無事に陸にズリ上げると丸まると太った
とても綺麗な35センチのアメマスだった。ヒットルアーはチャートの
7センチディープとの事。確かに本流は雪代で笹濁りだが、支流からは泥濁りの
水が流れてきている。これだとナチュラルカラーだと魚から見えないような
気がする。その後Hiroさんはもう一度魚の追いを確認するもヒットに至らず、
私はというと、一度も魚を顔を見る事ができなかった。もう時間も差し迫っているので
帰りがてら釣り下る事にした。釣り上がりの時に対岸で良さそうなポイントを
発見したので最後はそこで粘ってみたがやはり追いすら確認出来ない。
結局私は0匹、Hiroさんは35センチ1匹でこの川を後にした。





1月 3日
今年初の釣りはT歳川へ1人で向かった。気温もまあまあ暖かい。
午前7:30現地着で川を見てみると、前まであった河畔林が全く無い。
とってもビックリだ。多分これでは岸際に身を隠す場所が無いので
魚は水中のストラクチャーか流芯にいるだろうと思いながら準備した。
雪が結構積もっている為スノーシューを履き、はやる気持ちを押さえながら
川まで降りてみて、またまたビックリ。今まで深かった場所が全て土で
浅くなっているでは無いか。多分上流で取水口の工事をやっているので
そのせいだと思う。これではやはり水中のストラクチャーを探すしか無いと
思い、いろいろ歩いてみた。そうするといつものポイントより少し上流で
水面が変化している場所があった。ここだ!って思いミノー・スプーンを
流すが反応がない。思いきってとあるルアーに替えアップクロスで投げて
底を転がすと、一匹の魚が追って来た。やはり考えはあっていた。
もう一度流すとヒット!しかしピックアップ寸前に食った為、引きを
楽しむ事無く抜き上げた。サイズは32センチのアメマス。正月早々
縁起がよい。アメマスは群れをなして身を潜める傾向があるため、
まだいると判断。再度同じ位置に投げると、また食った。今度は
少し引きを楽しみ岸に抜き上げた。サイズは34センチのアメマス。
クルセイダーさん・HiroさんがMMC川に行っている為メールを送った。
あっちの川は小さなヤマベが1匹釣れただけだったようだ。午後から
合流する事になり、もう少しポイントを探してみる事にする。
しかし、探しても良いポイントは見つからない。結局正午になり
休憩を兼ねて、コーヒーをおとして飲み、合流して先ほど釣れた場所へ
案内するも結局ノーバイト。話し合い次のポイントへ移動する。
そのポイントとは、上流はとっても良い思いをした川との合流地点だ。
しかし、そこまでの川は全くと言っていいほどポイントは無く、
しかも川が浅くなっている。結局雪が降ってきて気温が下がってきたので
途中で断念し、14:30納竿した。
スポンサーサイト
プロフィール

ohta_pro

Author:ohta_pro
トラウト通信へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
11828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1214位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR