漁港の釣りⅡ

9月15日
昨日に引き続き今日も釣りです。ただ今回は高速を使わないで行けるところを考えて日本海側に行くことに。
札幌を13時ころ出発し途中数か所の漁港へ寄り道しました。結果から行くとまったく釣れません。
最終目的地に到着した時間は16時頃。昨日もこのぐらいの時間から釣れだしたので期待が持てます。
防波堤の沖側を目指して一直線。先端で始めると小さな魚のアタリが。その後すぐにサイズアップ。しかし息子にはまったく釣れません。
ヒットしてバットから曲がってましたが、すぐに根に潜られて終了したり、ブラーを丸のみされてラインが切られたり、まったく良いことがありません。
どうしても小さなアタリがあったらそこで粘っちゃうみたいなんです。『そんなものよりも大物を狙ったほうがいいよ』って言ってアドバイスしても聞く耳持たず。しまいには釣れなくて不機嫌になってしまい私とケンカが始まります。
どうしても息子に釣らせてあげたいのに私が釣ってしまいます。
息子に打ったテトラの穴に私が入れると、ソイが釣れます。息子には全然釣れません。
何かが違うんでしょうね。結局は私が釣った25センチから30センチくらいのソイを4匹キープしました。
昨日と同じように身は刺身にし、アラは今回は味噌味にしようと思います。

それにしても人気漁港だと魚が釣れませんが、不人気漁港は良いですね。またしばらく子供と一緒に通いそうです。
スポンサーサイト

漁港での釣り

9月14日
アブラコかソイが釣りたくて、午後から高速でビューっと太平洋側の大型漁港へ行ってきました。
ついて本当に大きな漁港だったので、どこで釣ろうか迷いましたが、やっぱり外海側で先端に行きました。
途中、内海側でブラーを落とすもフグの猛攻にあい速攻で外海側へ変更。しかしまったく釣れません。
どんどん進んで、堤防の真ん中あたりにきたとき、テトラの上で釣っていたお兄さんにビックリするようなアタリが。
上がってきたのは48センチの金色のアブラコです。それを見た途端私も息子の俄然やる気をだして、テトラと岸壁の隙間をブラーで攻めていきます。
しばらくすると、息子に竿にヒット。20センチくらいのガヤです。その後も飽きの来ない程度にヒットしていきます。
ソイが釣れ始め、20センチ位のものはリリースし、28センチの大きいもののみキープしました。

DSCF4886.jpg

ソイが釣れなくなった後に釣れたもの。それはドンコです。20センチくらいのドンコから30センチ以上のドンコまで、ほとんど入れ食いです。
しかし、このドンコ。見た目が悪く美味しくなさそうなので、すべてリリースです。
時間も遅くなり、子供の眠たくなったらしく終了しました。
帰りに出会ったおじさんの話だと、ドンコは塩焼きしても一夜干しして焼いても煮付けにしても美味しいらしく、そんなに釣れて逃がしなんてもったいない。って言われました。
次回は持って帰って食べてみたいと思います。

帰ってきてから、唯一キープした28センチのソイを『刺身』『アラの潮汁』に、そしてとても大きな肝が入っていたので、お酒で洗ってサッと湯遠しして明日食べることにしました。

DSCF4900.jpg

DSCF4898.jpg

ブリ釣り~

前回の釣りですっかりはまってしまったブリ釣り。
先日購入したタックル一式を持ってジギングに行ってきました。
前回の船に乗せてもらおうと思ったのですが、ブリの後に沖五目をやるっていうことで止めました。だってブリ一本で行きたかったんだもん。
って言うことで、幌武意漁港から出港するブリ釣りで有名な仁成丸さんに乗せてもらうことにしましたが、初めての船なので勝手が分からず、一人で行ったので相談相手もいません。

P1070904.jpg

同じ船に乗りそうな人に声をかけていろいろ教えていただき、無事に出航することができました。
釣り場に向かう途中はものすごい波で、しっかりつかまっていないと振り落とされそうです。前日電話した際にも船長が『西風が酷いから海が荒れて、出航してもすぐ戻る可能性があるけどそれでも良いんだったらおいて!』って言われてました。

P1070906.jpg

P1070905.jpg

釣り場についてすぐに私にヒット。前回同様の50センチくらいのブリ?フクラギ?です。ただ、前回と違うのは波が荒くて船長が操舵室から降りられず魚の締めは自分でやらないといけないってことでした。

NCM_0197.jpg
(すいません、釣り上げた後の写真がなかったのでさばく前の写真です。

ただ船長のそばで釣っていたことが功を奏していろいろ教えていただきました。もう締め方から血抜きまで完璧です。

P1070907.jpg

船長もたくさん釣ってもらおうという思いで、魚探を探したり他の船と無線でやり取りして場所を探してくれました。
本当は違う場所に行きたかったようですが、波がひどくであきらめてました。途中海友丸さんのそばでやりましたがそれでもだめでした。
しばらくすると、また私にヒット。しかし全然引きません。ただ重たいだけ。何かまったくわからずにリーダーがリールに入ったとき、私にブリが見えてブリにも私が見えた途端一気に走り出したりと、いろんな魚がいて面白かったです。
次にヒットしたとき、前回同様まったくひかずナマラ重たいだけ。隣の方にネットに入れてもらってビックリ。なんと54センチのヒラメだったんです。よく外道でヒラメが釣れることがあるけど、まさか自分が釣るなんて。
周りの方にも狙ってもこんな大きなヒラメが釣れることがないよって喜んでくれました。

NCM_0199.jpg

NCM_0201.jpg

一緒に乗り込んだ方が船酔いをしたり、ブリがまったく食わなかったりで、船長が『止めた!今日はダメだ!』って言って一時間ほど早めに上がりました。
10人位乗船して最終的には船全体で12本位上がったらしく、私は5本とヒラメ1枚で竿頭になっちゃいました。ただ一つ贅沢なお願いをするなら『フクラギじゃなくてブリが釣りたい~』です。
ただ、これで益々ブリ釣りにはまってしまい、10月に入ったらもう一度やってもっと大きな戻りブリを釣りたいですね。
プロフィール

ohta_pro

Author:ohta_pro
トラウト通信へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
11828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1214位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR