FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイロット 色彩雫

先々週の東京出張の際、伊東屋さんに入って事務用品を見てきました。
その時目についたのが、パイロットの万年筆用インク『色彩雫』。いろんな色が24色もあるんです。
今まで、万年筆と言えば黒・青・赤・ブルーブラック位しか知りませんでしたが、これは朝顔・露草・新緑・躑躅・葡萄などすべての色が和名でついています。
そのお店では試し書きが出来なかったので色のイメージができませんでしたが、本日大丸藤井セントラルさんに行き、全色試し書きして気に入った3色(月夜・秋桜。山栗)を購入してきました。
今のインクがなくなったら早速使ってみたいと思います。

DSC_0482-1.jpg
スポンサーサイト

3/21 リベンジ再び

前日から、明日は絶対釣りに行こうと決めており、朝起きて早々に予定を片づけ、夕方の空いた時間に先日のリベンジに行ってきました。
今回の目的は先日かったベイトフィネスを試してみることです。
前回と同じ漁港に入ったけど、まったくアタリがありません。薄暗くなってからもう少し西に移動し、大きな川の河口にある漁港に移動してきました。
ここは初めて入りましたが、足場が綺麗だったりフェンスがあったりとファミリーで遊びに来ても大丈夫な雰囲気でした。
今度は息子を連れて遊びに来たいですね。
辺りも真っ暗になりソイタイムになりましたが、例によって全然アタリがありません。釣り人は何人もいるんですが、だれにもアタリがないようでした。
一通りポイントを攻めましたが全くダメで、船通しポイントに移動してすぐ10センチくらいのソイが2匹釣れました。
実はもう一つの目的があって、22時ころにクルセイダーさんが小樽の沖防波堤釣行から戻ってくるので、その時間に見計らって2~3年ぶりにお会いする予定になってます。
クルセイダーさんは午前中は苫小牧界隈で釣りをした後、小樽沖堤で釣りをしていたようです。
それなのに、私と再会した私と一緒に釣りをしてくれるというのです。とってもタフですね。
この時期はクロガシラでとってもにぎあう漁港へ移動しました。お互い楽しみながら釣りをしていて、しばらくしてからクルセイダーさんは帰宅しました。
(久しぶりにお会いできてうれしかったです。また一緒に遊びましょうね。)
そのあとは一人で釣り再開です。少しして外海側でモゾッというアタリがあったので反射的に合わせると少しだけいい感じの引きが。抜きあげてみると20センチくらいのパンパンのガヤが。
その後は雲行きが怪しくなってきて、どしゃ降りになってしまい納竿しました。

これから春に向かいもっともっとよくなる傾向にあると思います。
今度は息子を連れてあっちこっちの遊びに行こうと思います。

DSC_0477-1.jpg

釣れたガヤを背中とお腹から中骨に向かって包丁を入れて、中骨だけでつながっているようにさばいて、すべての面にクレイジーソルトをまんべんなく振りかけてから揚げにすると最高です。
いくらでも食べられますよ。

DSC_0479-1.jpg

2/26 小樽釣り

先日の苫小牧釣行が悔しくて、ちょっとした調整で平日の午後から時間ができたので小樽に釣りに行ってきました。
今回は事前情報をブログやフェイスブックでアップされている方のを参考にして行ってみました。
とりあえず、一番の目的地である『とある漁港』について、タックルをセットしようと車から降りてみてビックリ。
とっても風が強いんです。そういえば、先日の苫小牧も黙ってると飛ばされそうなくらいの勢いで吹いていて、今回もまったく同じくらいの風です。
それでもせっかく来たのだから竿を出してみることに。一投目・二投目・三投目・・・・・・・・延々と投げ続けるもアタリがありません。
場所移動してもアタリがありません。しまいには波が高くて堤防の上まで波が押し寄せてきます。
命の危険を感じて撤収です。

連続でボーズとは今年一年どうなることやら。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

平成27年2月22日 初釣り

先日オークションで購入した、 APIA foojin'R ART MAGIC  87LX
これを使用したく、苫小牧の漁港に行ってきました。
本当は昨年の秋に良い思いをした場所に行こうと思いましたが、時間がなかったので苫小牧に決定しました。
ところが行ってみたは良いが、ポイントがわかりません。
色々な埠頭を巡って、結局は一番メジャーで一番プレッシャーの高い場所でやってみることに。
でも帰宅時間を考えると思ったほど長居は出来ません。
最初は、昨年から使用しているベイトロッドを持って重たい錘で探ってみたけど全然アタリがなし。
場所を移動して、今回購入したロッドを使用しました。
投げてみてビックリ。軽いルアーはたぶん投げられそうですが、重いルアーになると投げるのにコツがいるかもって感じのロッドでした。
でも錘が着底した感覚や、海底の感覚等ロッドからビンビン伝わってきますので、投げ方だけ間違わなければ結構使いやすいかもしれません。

あっちこっち移動しながら探りましたが、予定より30分ほど延長してボーズで新年初釣りは終わりました。
帰ってからは買い物や後片付け等が大変でした。やっぱり予定時間は守るべきですね。

今年初の釣りに行きました。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ベイトフィネス

昨年の漁港での釣りの際、スピニングタックルで底をたたいていたら、ルアーがテトラかケーソンの穴に落ちたんです。
その瞬間、ベールを起こしてラインをフリーにして落とし込んだんですが、ベールの場所によってはすぐに起こせない時があるんですよね。
その時に『ベイトだったらすぐに落とせるかも』って思ってやってみると、やっぱりすぐにラインをフリーにして落とし込めるんです。やっぱり根魚にはベイトタックルが必要だと思いました。

それからしばらくして、年末年始の暇なとき、近所の釣具屋にフラッと入ってみると、ベイトロッドにリールをセットしてあるものが3本展示してました。
何気なく手に取ってみると、違和感が。今まで使っているベイトタックルとまったく違うんです。
周りに気をつけて、クラッチを切って軽く投げてみると、低い弾道でスーッとラインが出ていきます。
バックラッシュには気をつけましたが、思ったより楽に投げられたんです。目から鱗でしたね。今までのベイトタックルと全く違うんです。
自宅に戻ってからも、そのロッドが気になって仕方ありません。次の週にも釣具屋さんに見に行って何度も触ってきました。

昨年の釣りでは、硬いベイトタックルのため錘は重たい物のを使用しておりましたが、軽い錘でもすぐに落とし込んだり出来るようにベイトフィネスが欲しいと思ってました。

つい先日、オークションを見てみると、安く出品されており、終了1分前まで散々悩んだあげく、またしても『ポチッ』としちゃいました。
当然ロッドだけでは釣りができないので、後日リールも『ポチッ』と。
あとはこれにラインをまいて、すぐにでも釣りに行きたいけど、子供とスキーにも行かないといけないし。
雪が解けたら行こうかな?

DSCF5290-1.jpg

DSCF5294-1.jpg

やっと到着

昨年末に注文した15年度のリバーテックボアブーツのビブラムソールが、やっとこの度アメリカから送ってきました。
ちょっと今年は時間がかかりすぎましたが、何とか冬の釣りに間に合いそうです。
フェルトだと、雪の上を歩くと靴底に雪が着いて歩けなくなるし、秋の釧路湿原はヌルヌルで歩けないし、良いことがありません。
その代りビブラムソールだと雪はつかないし、泥がフェルトに挟まって滑ることはないし、これに軽アイゼンを装着すると完璧かも。
春のアメマス・秋のイトウをこれで狙いやすくなりますね。あとは時間だけ作れば大丈夫!

DSCF5259-1.jpg

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ohta_pro

Author:ohta_pro
トラウト通信へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
11426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1213位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。